2ヶ月後どうなった⁉︎しかたのタイピングスキル

ブログ

こんにちは!しかたです

先月、こんな記事を投稿しました

この記事の中で「目標達成してないので、引き続きタイピング練習頑張ります!」と宣言した しかた

あれから1ヶ月経った今、タッチタイピングスキルはどうなったのか? を今回は投稿したいと思います

それではいってみましょう〜



スポンサーリンク

2ヶ月後どうなった!?しかたのタイピングスキル

タッチタイピングの練習は先月と変わらず、タッチタイピング練習サイト「e-typing」「寿司打」を利用し、ほぼ毎日、30分前後おこないました

目標は「e-typing」でスコア300~250獲得

ホームポジションも覚えていない状態から1ヶ月で一般人レベルまで成長した私が練習し続けた結果、タッチタイピングスキルは・・・











スコアレベルB+止まりでした〜〜〜(号泣

しかた
しかた

元々の能力値が低いから、先月はたくさん成長できたのかな・・・

調子が良い時はA-とかAも出せるのですが、いつも出せる実力としてはB+で2ヶ月目は着地しました

直近の調子が良かった時

例えスコアレベルA(スコア226〜242)を常に出せたとしても、それでもスコア250に届いてないんですけどね〜〜〜(大号泣

しかた
しかた

私が参考にした物には1、2ヶ月もあればスコア250まで上達できると書いてあったのです

しかた
しかた

達成できなくて悔しい〜〜〜!!!



前回から改善したこと

結果としては目標達成ならず! でしたが、スコアをあげる為に、次第に以下のように使いわけていくようになりました

  • タイピングの速さ向上→寿司打
  • タイピングの正確さ向上→e-typing

というのも寿司打は時間制限があってタイピングの速さを求める方にはおすすめなのですが、速さを求めすぎるあまり、適当なキーを連打してしまうことが多々あったのです

タイピングはキーを打つ速さも大切ですが、タイピングミスによる修正が重なれば速く打ててもあまり意味がないですよね

なので 速さに慣れるために寿司打をする 速さに慣れたらe-typingで正確さ向上に努める

そのような形で進めていきました



スポンサーリンク

夫にも頼った

私が知る中でタッチタイピングが1番速いのは夫です

なので夫にも何度か「e-typing」をやってもらって「この速さ、この正確さでやればこの点数が出る」ことを実際に見て確認することで、1つの目安にさせてもらいました

夫曰く「e-typing」はタイピングの速さより正確さを重視しているので、正確率を上げた方が高得点になるとのこと

ちなみに夫の最高スコアはSです

この記事を書くにあたって、再度やってみせてくれました
しかた
しかた

夫レベルでようやく目標達成なのか・・・

そんな夫にどうすればタッチタイピングが上達するか聞いてみたところ、このような返答をいただきました

しかた夫
しかた夫

嫁ちゃんよ

こういうサイトで練習するのもいいけど、正直実用的ではない

しかた夫
しかた夫

自分の好きな小説や実用書なんかをディスプレイの横に置いて、文章をタッチタイピングしながら模写した方が実用的な力は身につくで

しかた
しかた

それ、確かに一理ある・・・!

1度練習された方はご存知かと思いますが「e-typing」も「寿司打」も練習はできるけれど、出題される単語はあまり実用的ではないのです

練習も大切です

ですが、そもそも私がタッチタイピングを練習し始めたのは実務をより効率良くおこないたいから

夫の言葉で練習サイトはあくまで練習の為であって、実用的な物はもっと別の場所でも勉強するべきということに気付かされました

残念ながら私は模写したい小説や実用書は思い浮かばなかったのですが、それ以降ブログの文章を今まで以上にしっかりディスプレイを見ながら打つようになりました

しかた
しかた

実は無意識のうちにキーボードを見ながらタイピングしていることもあったんです・・・

夫が言った練習の仕方も上達に近づくと思うので、私と同じようにタッチタイピングを練習されている方はぜひ取り入れてみてくださいね



おわりに

目標未達成という残念な結果に終わってしまいましたが、全く成長しなかったわけではないのでそこは良しとします!

しかた
しかた

むしろ前向きに思わないと悔しくてつらい

今後も練習は続けていきますが、こういった形でブログ記事にするのは今回でひとまず終了とさせていただきます

スコア250獲得した暁にはきっとTwitterで狂喜乱舞してると思うので、見かけたら良かったらいいね!押してやってください(笑

ここまでみてくださってありがとうございました!

またお会いしましょう〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました