複合シェイプ、使ってますか?【パスファインダーをもっと便利に】

WEBデザイン

こんにちは!しかたです

先日、Illustratorの便利な機能『パスファインダー効果』についてお話しさせていただきました

その『パスファインダー効果』とあわせて使うと便利な機能が、今回ご紹介する『複合シェイプ』です

覚えておくと便利なので、知らない方はぜひ参考にしていただければと思います

それではいってみましょう〜



スポンサーリンク

はじめに

今回は2つのオブジェクト(図形)にパスファインダー効果[合体]を使って作った「ふきだし」を例にして説明していきたいと思います

右のふきだしを作ります

先日お話しした『パスファインダー効果』

実は1つ問題点があります

それは効果が反映されたら編集ができないこと!

今回の例だと「ふきだしのしっぽ(尖ってるところ)、もうちょっと位置を変えたいな」と思っても、パスファインダー効果の[合体]後はすでに1つのオブジェクトになっているので動かせないのです

[合体]直後なら[やり直し(短縮キー:⌘+Z)]すれば変更できますが、制作途中の終盤など、[やり直し]ができない場面では1から作り直さないといけません

しかた
しかた

そうなったらすごく面倒ですよね・・・

そんな困った状態になる前に使っておきたいのが『複合シェイプ』です



『複合シェイプ』について

『複合シェイプ』を使用すると、複数のオブジェクトを相互関係を指定して組み合わせることができます

相互関係を指定した後で各オブジェクトを選択して編集することも可能です

極端に言ってしまえば「仮の状態」でパスファインダー効果が使える機能

「仮の状態」だから効果反映後も編集ができるというわけです

『複合シェイプ』が使えるのはパスファインダー効果の[形状モード([合体][全面オブジェクトで型抜き][交差][中マド])]のみとなっています

しかた
しかた

他の効果は反映後にオブジェクトを右クリック→[グループ解除]で設定を弄れるので問題ないと思います

[パスファインダー]パネルを開いて、[形状モード]の使いたい効果をOptionを押しながらクリックすると『複合シェイプ』を作成して効果を追加できます

※[パスファインダー]パネルは、メニューバー[ウィンドウ]→[パスファインダー]で呼び出せます

使いたい効果にカーソルを持っていくと、しばらくすれば下記のような説明も出てきますので、制作方法を忘れても安心です

実際に[合体]をOptionを押しながらクリックしてみましょう

見た目は普通に[合体]した時と同じです

オブジェクトを選択した時に[合体]前のオブジェクトのセグメント(線)が残っていたら『複合シェイプ』は成功しています

しかた
しかた

次は編集方法についてお話ししますね〜



スポンサーリンク

『複合シェイプ』の編集方法

『複合シェイプ』を使ったものを編集する場合は、対象のオブジェクトを右クリック→[選択グループ編集モード]をクリック

選択したグループだけが編集できるようになるので、お好みの編集をおこなってください

編集が終わったら再び右クリック→[編集モードの解除]を選択すると元に戻ります

通常の[合体]ではできなかった「ふきだしのしっぽの移動」も『複合シェイプ』なら可能です!

しかた
しかた

このほかにもいろんな場面で使えるので、覚えておいて損はなし!

ちなみに「もう編集しないからオブジェクトを確定させたい」という時は[パスファインダー]パネルの[拡張]ボタンが押せるようになっているので、クリックするとオブジェクトの形を確定できます

ただし、[拡張]してしまうと編集できなくなるので注意!

しかた
しかた

仮の状態じゃなくなっちゃうんですね〜

[拡張]ボタンは終盤でクリックするようにしましょう



おわりに

『複合シェイプ』についてお話しさせていただきました

Optionを押しながらクリックするだけで『パスファインダー効果』をもっと便利にしてくれる機能ですので、ぜひ使ってみてくださいね

ここまでみてくださってありがとうございました!

またお会いしましょう〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました