初心者におすすめのWordPressバックアッププラグイン2つを比べてみた【ConoHa WING】

ブログ

こんにちは!しかたです

皆さんはWordPressのバックアッププラグインを使っていますか?

サーバーのサービスで取ったバックアップで復元できない時も、プラグインでバックアップを取っていたら安心ですし、初心者でも簡単にバックアップが取れるので便利ですよね

でも「初心者におすすめのバックアッププラグイン」を調べてみたら、賛否両論があって、どれが良いのかよくわからなくなったりしてませんか?

しかた
しかた
 

私はなりました(苦笑

そこで今回は、バックアッププラグイン『BackWPup』と『All-in-One WP Migration』を実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介したいと思います

↓利用するサーバーは『ConoHa WING』です

  • サーバーのサービスとは別で、バックアップしておきたいな
  • バックアッププラグインを使いたいけど、どれにしようかな

そんな風に思ってらっしゃる方の参考になれば嬉しいです

それではいってみましょう〜



スポンサーリンク

結論:最初は『All-in-One WP Migration』、経験を積んでから『BackWPup』(番外編もあるよ!

  • WordPressでブログ運営を始めて1ヶ月足らず
  • ネットワークの知識は一般主婦レベル
  • 今までパソコンを使うこともほとんどなかった

そんな私が『BackWPup』→『All-in-One WP Migration』という順番で使ってみた結論です

利用した順にお話ししていきますね〜



前知識:バックアップをとるべきものについて

バックアップをとるべきものが何か、皆さんは具体的にご存知ですか?

WordPressでバックアップをとるべきものは2つです

  • サーバー上のデータ:画像ファイル、テーマ、プラグイン など
  • データベース上のテーマ:記事、カテゴリー、コメント、管理画面の設定情報 など

なので、バックアッププラグインを選ぶ時はこの2つのバックアップが取れるかどうかで選ぶのがおすすめです

ちなみに『All-in-One WP Migration』、『BackWPup』は上記2つのバックアップが取れます

これも「初心者におすすめ」という理由の1つですね〜



BackWPup

まずは『BackWPup』について

プラグインの設定方法は『バズ部』さんのこちらの記事が詳しく解説してくれていておすすめです

バックアップを取る際の設定が比較的わかりやすく、手軽なので初心者の方にも使いやすく、人気も高いです


メリット

上記理由に加えて私が感じたメリットはこちらです

  1. 定期的に自動でバックアップが取れる
  2. 自動バックアップのスケジュールを自由に設定できる

自動でバックアップしてくれると不測の事態に「直近のバックアップがなくて復元できない!」なんてことになる可能性が低くなるので助かりますよね

しかた
しかた
 

設定も上記の参考記事通りにやればできましたー!


デメリット

私が感じたデメリットです

  1. ConoHa WINGでの解説記事が少ないので困った時の対処を探しにくい
  2. 上記理由とあわせて、手軽とはいえ初心者には設定・復元が難しい

ConoHa WINGでの解説記事が少ない」は他のものにも言えることになりますが、デメリットの1つだと思います

レンタルサーバーとデータをやり取りするのに、通常『FTP(File Transfer Protocol)クライアントソフト』を使用しないといけないところ、ConoHa WINGにはWebブラウザでサーバーにアクセスし、直接ファイルを編集できるファイルマネージャー機能がついています

この機能はとても便利なんですが、ConoHa WINGが2018年にできたサーバーで歴史が浅いため、この機能を使った解説記事も比例して少なく、探し出すのが割と大変です

独自性が仇となり、他のサーバーのFTPクライアントソフトを使った解説記事を参考にするのが初心者にはなかなか難しくなっています

実際『バズ部』さんの参考記事には「バックアップの復元方法」も記載されていたのですが、今の私の知識レベルではバックアップの設定はできても復元は無理かもしれない・・・と感じました

今後ネットワークの知識を蓄えて、設定ミスなどのアクシデントにもある程度対処できるようになってからじゃないと使いこなせないプラグインかな、と現状は思います



スポンサーリンク

All-in-One WP Migration

次は『All-in-One WP Migration』についてです

プラグインの設定などはこちらの記事を参考にやってみました

こちらも『BackWPup』と同様、人気の高いプラグインです


メリット

  1. 前知識・設定不要でめちゃくちゃ簡単に使える
  2. バックアップ・復元ともに初心者でもできる

『BackWPup』も手軽ではあるんですが、それを超えるぐらいに簡単に使用できます

参考記事をみてもらえばわかるのですが、バックアップ・復元ともにConoHa WINGでの解説記事がなくてもできるレベルなので、初心者にとっては非常にありがたいプラグインです

はじめてバックアップを取った時は「こんなに簡単で、本当にバックアップできてるの?」と逆に不安になってしまいました(笑

しかた
しかた
 

しかし、デメリットもあるのです・・・


デメリット

  1. 自動でバックアップする設定はない
  2. サーバー上にバックアップデータが累積されていくので定期的に整理が必要
  3. 通常だと30MB、拡張プラグインを使っても512MBまでしか無料で復元できない

1番は仕方ないですし、2番もデータがたまったら古い物から消していけば良いのですが、問題は3番です

上記の参考記事にも記載されていますが『All-in-One WP Migration File Extension』という拡張プラグインを使っても、無料で復元できるのは512MBまで

※ちなみに『All-in-One WP Migration File Extension』は参考記事内のリンク先でダウンロードして、WordPress編集画面から[プラグイン]→[新規追加]、新規追加画面の左上部にある[プラグインのアップロード]をクリック

下記画面が出ますので、先程ダウンロードしたファイルをドラックして[今すぐインストール]をクリックすると追加できます

有料版は復元できるデータの制限はないようですが、約69ドル(2020年8月末時点)となかなかの価格です

ちなみに、私がこのプラグインでバックアップを試した時のデータサイズは約135MBでした

しかた
しかた
 

この時点で拡張プラグインを使わないと復元ができない、だと・・・?

記事や画像が少ない現状ではこのプラグインでも大丈夫ですが、今後データが増えていった時に有料版にするか、『BackWPup』にするか、他の手を考えるか、考慮しないといけないプラグインにはなります・・・



番外編:ConoHaの自動バックアップデータをパソコンにダウンロードする

ConoHa WINGでは過去14日間分のバックアップを自動で取得してくれる自動バックアップというサービスがあります

概要などはこちらの記事がわかりやすいです

参考記事に記載されている内容と一部重複しますが、

  • [Mail]は同じメールアドレス内に新たなフォルダを作成して
  • [DB]は新たなデータベースを作成して
  • [Web]は新たにディレクトリを制作して

復元したデータを保管します

なのでWebデータはファイルマネージャー経由でパソコンにダウンロードすることが可能です

しかた
しかた
 

実際に試してみたところ、データサイズが大きいせいか、私はパソコンにダウンロードできませんでした・・・

サーバーのサービスで復元できないような不測の事態に備えて、個人でバックアップを取っておくことをおすすめしますが、それが難しそうな方は、こういった形でパソコン上で保管しておいたり、データベースなどに関しても定期的にバックアップデータを復元したものを1つ作成しておくと良いかと思います



まとめ

『BackWPup』、『All-in-One WP Migration』両方のメリット・デメリットを挙げてみました

その上で再度私の結論を述べますと、

  • WordPress運用など慣れていない、かつバックアップすべきデータ容量も少ないうちは超簡単な『All-in-One WP Migration』
  • 運用に慣れてきて、データ容量が512MB超えそうになったら『BackWPup』
  • 上記ができない、またはそこまでする必要を感じない方はConoHa WINGの自動バックアップサービスだけの利用でも可

バックアッププラグインおよびバックアップに関してはこのようになりました

参考になりましたでしょうか?

バックアップに関しては初心者のうちは難しいと思いますが(私自身、難しく感じます)、一生懸命作った自分のブログを守るためにも頑張って設定しましょうね!私も頑張ります!

ここまでみて下さってありがとうございました!

またお会いしましょう〜


コメント

タイトルとURLをコピーしました